2015年2月18日水曜日

NuGetを利用したOpenCVSharpのインストール

※OpenCVSharp3用に少し記事を書き換えました(2016/09/30)

OpenCVSharp3のインストールは、NuGetを利用するのが一番です。そのほうが、実行マシンでのOpenCVのバージョンの変化に対応しやすいです。下記はその手順です。なお、環境は、Visual Studio 2013を想定しています。

1.Nugetを利用したインストール

(1)NuGetマネージャーの起動
プロジェクトを右クリックして「NuGetパッケージの管理」を選択してください。


(2)OpenCVSharp3の検索とインストール

左のサイドバーからオンライン → すべて を選択したあと、右上の検索ウィンドウに「OpenCVSharp3」と入力してください(フルに歌入力しないと検索に引っかからないです)。“without DLLs”というのは、OpenCV本体のDLLを含まないという意味ですが、OpenCVSharp3はOpenCV本体とのバージョンの差異で動かなくなりますので、DLLを含んだもの(without DLLsと書いていないやつ)を選んで下さい。



2.サンプルを試す
下記のソースコードが実行できればOKです。testの画像は別途、どこかから用意してください。

注意事項
プロジェクトのプロパティで下記の設定を確認してください。
  • 対象のフレームワークを .NET Framework4にする
  • 64bit版のOpenCVを利用する場合は、プラットフォームターゲットを64bitにする


0 件のコメント:

コメントを投稿