2013年4月27日土曜日

GWTアプリをDropBoxで公開する

ネタ的にはたいしたことないのですが、意外と便利な話。

DropBoxのPublicフォルダ
DropBoxにはPublicフォルダと呼ばれる特別なフォルダが有り、ここはHTMLファイルを置くことで、通常のウェブサーバ的にHTMLページを公開することができます。
このPublicフォルダは2012/10以降の新規ユーザにはないらしいですが、
https://www.dropbox.com/enable_public_folder にアクセスすれば有効になる模様 

DropBoxでGWTアプリを公開する
GWTのアプリの公開といえば、Google App Engineや他のウェブサーバが無難ですが、上記のPublicフォルダにGWTのアプリケーションファイルを置くことで、アプリケーションを公開することができます。GWTアプリの実体はJavaScriptなんですから、HTMLファイルにアクセスできたら動くはずです。もちろん、サーバ部分の処理はできませんので、あくまでもサーバ処理のないGWTクライアント限定になります。このことにより以下のメリットがあります。
(1)低価格
Publicフォルダ機能を利用するのに特に追加料金は不要です。また、アクセスが多くなったからといって追加料金が払われることもありません。
(2)簡単なデプロイ
GWTプロジェクトをコンパイルして、warフォルダの中身をPublicフォルダにコピーするだけです。


DropBoxの無料ユーザでももちろん可能ですから、ちょっとしたGWTアプリの公開ならばDropBoxでいいのでないでしょうか。


0 件のコメント:

コメントを投稿