2013年6月22日土曜日

GitHubで一時的にアカウント停止状態になったしまってわかったこと

昨日、GitHubのアカウントが一時的に停止状態になってしまったので、その件について、、、

突如アカウント停止に
最近、GistにハマっているのでいつものようにGistにコードを流し込んでいたところ、突然、アップした結果が見れなくなり、下記のようなメッセージも出てくるようになりました。


“our trusty robot, Hubot, seems to think you are not a human.”って、特に変なアップをしたわけでもなく、アカウント情報にも特に不備はなく、、、何かの間違いだろうと思ったのですが。

アカウント停止になるとどうなるか?
(1)第3者がGistにアクセスした場合
以下の様なメッセージが出ます。これは、「存在しないgistのURLにアクセスした場合」と同じ意味です。
(2)第3者がGithubにアクセスした場合
以下の様なメッセージが出ます。これは、「存在しないGithubのURLにアクセスした場合」と同じ意味です。


(3)BLOGへの埋め込みはどうなるか?
コードの部分は全く表示されません。

データが消えてしまうのか?
結論から言うと、データは残ってます。アカウント停止と言いましたが、実際には以下の状態になります。
(1)ログインは可能
(2)パスワードの変更も可能
(3)GistへのコードのアップロードもOK
(4)自分のGithubのレポジトリーは見ることができる(アップは試してません)
(5)アップした自分のGistのコードを見ることはできない(上記のWhoopsメッセージがでる)
つまり、上記のように第3者からは全く見ることはできなくなりますが、中身は生きているということになります。

解決方法
サポートへ「私は人間です」とメールをするだけです(笑)。問い合わせサイトからもできますが、念のためメールにも送りました(もちろんちゃんとした文章は書きましょう。もちろん英語で)。
今回については、アカウント停止が発覚した夕方にサイトを経由して問い合わせをしたのですが、なかなか返事が来ないので、夜の23時頃にメールで問い合わせをしました。そうすると、よく朝の8時にメールに対して返事が来ていて、無事回復していたようです。

クラウドサービスの以外な盲点
この手のクラウドのサービスが利用できなくなった場合の怖さをちょっと感じました。この手の世界的なサービスが突然終わるということはまずないと思ってますが、こういう形で使えなくなるとは、、、今回はちょっと盲点でした。
個人的には、
  • サーバ類を自前で管理する
  • サーバ類をクラウドサービスに任せる
ということの双方の利点と欠点を考えた上で、後者を選んでます。その考えは今回の件があっても変わらないです。ただ、100%頼るのもよくないなとあらためて思いました。

Github/Gistはこれからも使い続けますよ
こういうことがありましたが、Github、とくにGistについてはこれからもガンガン使い続けるつもりです。ラボの学生へのサンプルコードを示すときにGistはとてもいい媒体になりますし、BLOGにも反映できますしね。暇な時は、おちラボのGistを覗いてみて下さい。




0 件のコメント:

コメントを投稿