2014年10月31日金曜日

Windows2008 Serverの時刻を合わせる

おちラボでは研究室内でWindows2008 Serverを立ち上げて、ドメインの構成をしています。ドメイン内のクライアントPCの時刻は、PDCのNTPサーバ機能(Time Server)によりPDCと同期することになっています。しかし、PDCの時間が間違っているとすべてのPCの時間がおかしくなります。ラボ内でもそういう事象になっていたので、PDCの時間を外部のNTPサーバーに同期しようとしたのですが、PDC(Windows 2008 Server)にはGUIでの設定画面がありません。
そこで、以下の手順で環境確認&設定しましょう。

現在の設定の確認
> w32tm /query /status
と入力すると、現在の時刻同期の設定が見れます。ソースの箇所で同期元が確認できます。おそらく「Free-runnnig System Clock」となっているハズです。つまり、マザーボードの時間(システム時間)と同期しています。

外部NTPサーバの利用
> w32tm /config /manualpeerlist:ntp.nict.jp,0x8 /syncfromflags:manual /reliable:yes /update
と入力すると、設定できます。上記ではNICTのNTPサーバに接続しています。コマンドが正しく完了されたら、もう一度上記のコマンドで設定を確認しましょう。NICTのサーバになっていると思います。

これで、研究室のPCの時刻も正しく時を刻むようになりました。本記事は下記のサイトを参考にしました。ありがとうございます。


0 件のコメント:

コメントを投稿