2013年11月29日金曜日

Kinect2 ファーストインプレッション(2) ~初期設定~

前回に続いて、Kinect2 Dev版についての続きです。α版だからかもしれませんが、セットアップが意外と面倒でした。


マシンの準備
下記の仕様を満たすPCが必要です。
  • Windows 8.1
  • メモリ4GB以上
  • i7@ 2.5GHz以上
  • USB 3.0 port (Intel or Renesas chipset)
  • DX11 capable graphics adapter
これは事前にメールで書かれていたので候補のマシンを確保していたのですが、うっかりしていて、Windows8.1にするのを忘れてました。OSアップデートに時間を費やしてしまいました。

Microsoft Connectの認証を受けておく
SDK関係は同梱されていません。Microsoft Connectからダウンロードする必要があるのですが、ユーザは限定されていますので、認証されたアカウントからしかダウンロードできません。認証方法は、既にメールで届いているはずです。ボクはうっかり見逃してました。注意しましょう。

SDKダウンロード&インストール
認証を受けた後、Microsoft Connectにアクセスしダウンロードしてインストールしましょう。サンプルプログラムも入ってます。

初期設定
現Kinectなら、SDKインストールして接続すればすぐ動くはずですが、実はそうはいきません。おかしいなぁ、、、ドライバが認識できてないのかな、、もしかして初期不良?ってよくマニュアルを読むと、
  • ファームウェアの更新
  • Kinect Serviceの起動
という2つのおまじないが必要です。ファームウェア更新は、もちろんKinectを接続してからです。更新中は絶対に本体から抜かないで下さい。で、最後に、Kinect Serviceというのを起動しておく必要があります。これはスタートメニューから実行できます。

以上の作業が終わり、晴れてKinect2が利用できます。まあ製品版ではもっとラクになるかとは思います。

注意書き
This is preliminary software and/or hardware and APIs are preliminary and subject to change. (この記事は、暫定的なソフトウェアやハードウェア、APIについて述べており、今後変更される可能性があります)



0 件のコメント:

コメントを投稿