2013年9月25日水曜日

GWTで呼び出し可能なライブラリの作成方法

GWTでは外部のライブラリを利用する時には、~.gwt.xmlファイルに inheritsタグにより追記(定義)が必要であるということはGWTの基本中の基本ですね。
では、自分で作成したGWT用のライブラリを第3者にも使えるようにするにはどうすればいいのでしょうか?実は、1点だけ注意点が必要です。

inheritsタグとは何なのか?
inheritsタグには、自分が作成したクラスのクラス名(パッケージ名含む)をかけばいいというものではありません。実はこのタグは、そこに記述されたGWTモジュールを呼びだそうとします。つまり、inheritsタグはクラスを呼び出しているのではなく、GWTモジュール(~gwt.xmlファイル)を呼び出しているのです。

~.gwt.xmlファイルを用意する
自作したライブラリに、.gwt.xmlファイルを用意しましょう。
このファイルを下記のようにおきます。


上記の例では、org.ochilab.gwt.client.util パッケージに SRMC.gwt.xmlというファイルを置いてます。これにより、呼び出し元のGWTモジュールにおいては、
< inherits name='org.ochilab.gwt.client.util.Gwttool'/>
というように呼び出すことができます。

0 件のコメント:

コメントを投稿