2012年3月3日土曜日

CSEでSQL Azureにアクセスする方法

SQL Azureを使う際の厄介な問題として、
  • クライアント環境が用意されていない
というのがあります。ウェブ経由で見れないというのはどうしたものかと思いますが、いちおうMicrosoft® SQL Server® 2008 Management Studio Expressというを使えばいいわけですが、これはちょっと大げさすぎ。で、ベストなソフトを見つけました。
です。実はおちラボでは過去にMySQLとかPostgreSQLのクライアントとしてCSEを使っていたのですが、CSEは安定して使いやすいソフトとして定評でした。CSEにはODBC経由でデータベースに接続するという方法があり、これを利用することでSQL Azureに接続できます。以下、設定方法を簡単に紹介します。

ODBC設定
  1. コントロールパネル→管理ツール→データソース(ODBC)を開く
  2. ユーザDSN→追加→SQL Server Native Client
  3. データソース名はわかりやい名前で
  4. サーバ名はSQLAzureのサーバ名(****.database.windows.net)
  5. ログイン名は@付きの名前で
  6. パスワードは忘れずに
  7. 規定のデータベース(接続するデータベース)を設定。デフォルトはmasterになっているので変更は必要です。
  8. (任意)システムメッセージを日本語に
以上によりODBC設定が完了します。

CSEでの接続
  1. データベース→接続
  2. DBMSをODBC汎用にする
  3. データソースは先ほど設定したのを選択
  4. ユーザ名パスワードを入力
以上で接続できるようになります。

ちなみにこの方法(ODBC)をもちいれば他のデータベースソフトを利用することも可能でしょう。これでラボでも本格的にSQLAzureを利用できそうです。


0 件のコメント:

コメントを投稿