2011年10月13日木曜日

書籍紹介:ひと目でわかるVisualC#2010アプリケーション開発

今年度、3年生のゼミで利用する書籍を紹介します。
ひと目でわかるMicrosoft Visual C# 2010アプリケーション開発入門 (MSDNプログラミングシリーズ) [単行本]
例年、「ひと目でわかるシリーズ」を利用していて、昨年からC#を言語としています。この本の特徴は
  • 初歩的なC言語程度のプログラムを組んだことがある人を対象
  • C#というプログラム言語の説明はほとんどない 
  • システム開発・設計の流れや考え方がわかる
  • オブジェクト指向にも言及
というように「システム開発」を意識させるにはよいいい本だと思ってます。昨年度は2008版でちょっとわかりにくい感じでしたが、2010版はそのあたりが修正されているような気がします。WPF周りもおさえていてGoodです。ゼミ配属された3年生には全員これを買ってもらいます。


0 件のコメント:

コメントを投稿