2014年5月9日金曜日

Funcデリゲートを使って実行内容を柔軟に変更する

C#には、デリゲートと呼ばれる枠組みがあります。C言語でいう「関数ポインタ」みたいな位置づけと思えばいいです。.NET Framework3.5から採用されています。抽象メソッドに似てますが、違うところは、
抽象メソッドはメソッド名まで定義されているが、デリゲートでは引数と戻り値だけが定義。名前は自由。
というところでしょうか。使い方は下記の通りです。抽象メソッドよりも何かクールな気がしませんか?


0 件のコメント:

コメントを投稿