2014年5月30日金曜日

Dynamic Data DisplayでWPF版グラフ処理

WPFではFormアプリケーションと比べるとライブラリの数が少ない傾向があります。グラフ作成に関して、FormアプリケーションではChart コンポーネントが標準であるのですが、WPFでは今だに標準では用意されていない状況です。とりあえず以下の3つを使うのが一般的なようです。各ライブラリの細かい説明は省きますが、だいたい次の特徴があります。
(1)WPF Toolkit
Chartコンポーネントの実装がunstableになっているなど、一部不安定。更新もされていない。後継に、Extended WPF Toolというのがある?
(2)Dynamic Data Display
動的な変化に強い。更新はされてない
(3)Metoro Chart
Windows8のメトロUI向け。最近更新されている。

本ラボでは、動的なLineChartのグラフ更新をしたかったので(2)を選択しました。(1)も試してみたんですが、unstableな状態のせいか、だんだん速度が遅くなって最終的に動作が停止してしまうんです。同じような使い方で(2)では問題なくサクサク更新してくれました。(3)については将来的に使うようになるかもしれません。


3 件のコメント:

  1. 初めまして。

    Dynamic Data Displayに関して一点質問があるのですが、ChartPlotterで縦軸を固定したい場合はどのようにしたらよいのでしょうか?
    具体的には縦軸を0-1で固定したいです。

    現状、0-1 になったり、-0.5-0.5になったりしてしまいます。

    宜しくお願い致します。

    返信削除
    返信
    1. コメントに今、気づきました。。。軸の固定はできます。後日(ちょっと遅れるかもしれませんが)、記事をアップします。

      削除
    2. Y軸の固定には、下記記事をご参照下さい。
      http://ochi-lab.blogspot.jp/2015/08/dynamic-data-displayy.html

      削除