2013年2月25日月曜日

GWT: 標準ライブラリのHTML5Canvasを利用する ~UiBinder編~

GWTでHTML5Canvasを利用するのであれば、UiBinderを利用するとラクになります。

Inheritsの設定
<inherits name="com.google.gwt.canvas.Canvas">
と書きます。

UiBinderの書き方
xmlns:c="urn:import:com.google.gwt.canvas.client"
 <c:Canvas ui:field="canvas"/>
と書きます。

Javaファイルの書き方
ここはいくつか注意事項があります。
@UiField(provided = true)
Canvas canvas;
public MyCanvas() {
 canvas = Canvas.createIfSupported();
 initWidget(uiBinder.createAndBindUi(this));

 canvas.setWidth("800px");
 canvas.setHeight("800px"); 
 canvas.setCoordinateSpaceWidth(400);
 canvas.setCoordinateSpaceHeight(600);
}
上記を見てもらうとわかりますが、
  • @UifFieldのところに、(provided = true)が必要
  • canvas = Canvas.createIfSupported()の処理が必要で、さらにそれは initWidgetの前にしなければならない
ということです。

以上で、普通にCanvasを利用できます。イベント処理も楽になるのではないでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿