2012年10月19日金曜日

Android: ListActivityを使う

Androidアプリにおいて、リスト表示のUIには
  • ListView
  • ListActivity
のいずれかを利用する方法があります。どちらも動作速度的には違いはないようですが、単純なリスト表示だけのUIを用意するのであれば、後者のほうがコードがすっきりするため、ListActivityを用いるのをオススメします。

クリックイベントのとり方
onListItemClickメソッドをオーバーライドするだけでいいです。
@Override
protected void onListItemClick(ListView listView, View v, int position,long id) {
  super.onListItemClick(listView, v, position, id);
  System.out.println(position+"番目押した");
}

リストの更新
 更新対象となるリスト内の行の位置から、表示内容を管理しているListのitemを取り出して修正し、最後にadapterのnotifyDataSetChangedメソッドを呼べば更新されます!例えば以下の様な感じ。
 item=list.get(position);
 item.setText("30");
 adapter.notifyDataSetChanged();
参考URL



0 件のコメント:

コメントを投稿