2014年11月7日金曜日

WPFでスタートアップウィンドウを設定する

WPFでは、最初に起動するウィンドウクラスの情報をApp.xamlに記述してます。下記はデフォルトの状態ですが、ここでStartupUriという属性があり、ここで呼び出すウィンドウのxamlファイルに書き換えることで任意のウィンドウを初期起動させることができます。



0 件のコメント:

コメントを投稿