2014年9月25日木曜日

GoogleSiteにGistコードを埋め込む方法(正解編)

GoogleサイトにはGistのコード埋め込みスクリプトを直接埋め込むことができない、、、という問題があり、以前、
という試みをしましたが、そんな面倒なことをしなくてもいいということがわかりました。

Googleガジェット経由で直接呼ぶ
もともとは、
にあるように、fork元のコードを利用しようとしたのですが、フォントサイズとかの変更がうまく行かず、独自に作るしかない、、、と勘違いしてしまったわけです。

しかしながら、フォント設定を可能にするスクリプトがGistに公開されており、
のような記述により、フォントサイズ等を設定できるGoogleガジェットを利用可能となりました(元ソースは fork元を参照)。

使い方
  1. 挿入→ その他のガジェット → URLを指定してガジェットを追加
  2. https://gist.githubusercontent.com/ochilab/11a718344aca679711f0/raw/ を指定
  3. Gist IDを指定
という手順により、ページに合ったフォントサイズでGistのコードスニペットを挿入できます。

これで、どんどんGistにコードを流して、サイトにガンガン埋め込んでいくという夢のコンテンツ作成体制が実現できます。


0 件のコメント:

コメントを投稿