2014年7月25日金曜日

Kinect for Windows v2センサー(オープンベータ)を入手しました

事実上の製品版であろうKinect2 のオープンベータを入手しました。アルファ版との外見的な違いをざっと報告。

本体は同じ
アルファ版には悪趣味なシールが貼ってある点を除いて、同じと思われます。ベータ版にはKINECTの刻印があります。おそらく、アルファ版ではネーミングが未定だったのでシールを貼っていたのだと思われます。



付属ケーブルが小型化
アルファ版では、大げさなデカイ変換器だったのですが、以下の写真のように小型化されました。



ただ、初代はこういったものがなかったわけですから、ちょっと残念なところです。初代からアダプターが増えている理由は、
  • 本体への電力供給量の増加
が一番の要因と予測できます。TOFでリアルタイムにレーザで奥行きをとるわけですから、より大きな電力が必要になったのでしょう。現状ではこれ以上の小型化は期待できないですね。

というわけで、ボチボチとうちのゼミでもKinect2に移行していきます。


0 件のコメント:

コメントを投稿