2014年1月29日水曜日

Kinect: Facetrackerを利用する際の初期設定

KinectのFacetrackingの初期設定でちょっとハマったのでメモ書き。

要求スペック
  • Kinect SDK 1.5以上
  • Kinect Developer Toolkit 1.5以上
  • Kinect for Windows本体(XBOX360版でも可。ただし、nearモードが使えない点に注意)

SDK類はバージョンに注意。特に、Developer Toolkitは忘れないように。

利用する(参照する)ライブラリ
  • Microsoft.Kinect
  • Microsoft.Kinect.Toolkit.FaceTracking
  • Microsoft.Kinect.Toolkit
この3つだけでOK。最初のライブラリはKinectSDKのものです。残りの2つはToolkitのディレクトリに入っていますが、下記に紹介するように各ライブラリはコンパイルして作成し直すことをオススメします。

ライブラリのプラットフォームに注意
Visual Studioで開発する際には
  • x86(32bit)
  • v64(64bit)
  • Any CPU
というようにビルド時のターゲットが選べます。ここで問題になってくるのは、利用するライブラリがどのターゲットでコンパイルされているかです。Kinectのサンプルプログラムの場合、この当たりがちょっと不明で、適当に選んだりすると、
ということになります。

ライブラリの再コンパイルと実行の手順
詳細は書きませんが、だいたい以下のようになります。

(1)Developer Tool Kitから各ライブラリのプロジェクトをインストール
  • スタートメニューからKinect for Windows Developer Toolkitの画面を起動
  • Componentsを選択
  • Microsoft.Kinect.Toolkit.FaceTrackingとMicrosoft.Kinect.Toolkitをインストール(Visual Studioのプロジェクトが保存されます)


(2)現在開発しているソリューションに保存した各プロジェクトを追加



(3)プラットフォームを共通にする
各プロジェクトのプロパティ→ビルドで x86 または x64にしてください。どちらが良いかは、他に利用するライブラリによっても変わってきます。



(4)参照設定にてプロジェクトを追加


これで動くはずです。Facetrackingのクラスが呼び出せないのは、まずプラットフォーム(x86,x64,anyCPU)の違いであると考えていいと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿