2013年7月17日水曜日

MeCabとRMeCabをインストールした(Scientific Linux)

Rで言語解析をしようかと思い、RMeCabを利用することになりました。Scientific Linuxにインストールしたメモ書きです。コマンドは下記に載せてますので、ポイントをピックアップします。

Mecabのインストール
Mecabの公式サイトからtarボールをダウンロードして、make してインストールしましょう。特に問題はないと思います。

辞書のインストール
辞書はいろいろあるようですが、IPADICがオススメらしいのでそれをダウンロードし、make してインストールしましょう。ファイルは、Mecabの公式サイトに載ってます。これもインストールにはとくに問題はないと思います。

RMeCabのインストール
公式サイトがいまいちわかりにくいんですが(失礼  ^^; )、ファイルは32bit版と64bit版の2種類があります。ファイル本体は、作者所属の徳島大に置いてあります。
ここでの注意点は、Rのバージョンとbit(32bitか64bitか)です。これが合ってないとインストールできませんインスールはできますが、Rで呼び出せません。自分がいれたRを確認しましょう。確認方法は、コンソールでRを起動し、メッセージを確認すればいいです。



0 件のコメント:

コメントを投稿