2012年7月20日金曜日

Eclipse:国内のサイトを利用してアップデートを高速化する

Eclipseの各種プラグインソフトは、新規ソフトウェアのインストールの画面を利用して行いますが、ソフトウェアのダウンロード元のサイトはデフォルトでは、
  • http://download.eclipse.org/
となっています。実はこのサイトのミラーが国内には存在します。
  • http://ftp.jaist.ac.jp/pub/eclipse/
そこで、デフォルトのサイトを国内にすべて変更することでアップデートの高速化が図れます。ただし、Eclipseはデフォルトで複数の箇所でこのURLを指定しているので、いちいちすべて書き換えるのが面倒です。そこで、簡単な手順を下記に上げます。
  1. 新規ソフトウェア→使用可能なソフトウェア・サイトをクリック
  2. すべてのロケーションを選んでエクスポート
  3. エクスポートしたファイルをコピーし、別名で保存しておく(万一のバックアップ)
  4. すべてのロケーションを選んで除去(remove)
  5. エクスポートしたファイルをエディタで開き、上記のデフォルトのURLの箇所を国内のURLのところへ置換して保存( http://download.eclipse.org/ →  http://ftp.jaist.ac.jp/pub/eclipse/ )
  6. そのファイルをインポート
つまり、1つずつ変更するよりも設定ファイルをエクスポートして一括変換してすべて書き直すほうが手ばやいってことですね。


0 件のコメント:

コメントを投稿