2012年6月5日火曜日

mgwt:mgwtにおける画面遷移

mgwtの面白いところは、画面遷移の手法です。GWTアプリってのはAJaxなアプリなわけですから、一般的なウェブアプリのようなページ遷移はありません。すべて画面の描画書き換えとなります。mgwtでも当然そうなりますが、モバイルアプリらしい仕組みが用意されています。
mgwtでは “AnimationHelper”というクラスが用意されており、このクラスに描画したい画面(パネル)と遷移効果を指定することで、あたかも画面が切り替わったかのような処理をしてくれます。
下記は公式サイトにあるサンプルの例ですけど、最後の処理がポイント。第2引数でいろいろ効果を変えることができます。

2 件のコメント:

  1. mgwt面白いですね!
    記事楽しみにしてますw

    返信削除
    返信
    1. 今、コメントに気づきました。記事は増えてませんがラボではmgwtを本格的に利用しています。

      削除