2012年6月5日火曜日

DynamoDB: DynamoDBMapperでBatch処理をする

DynamoDBでBatch処理ができるようになりました。高レベルAPI、つまりDynamoDBMapperを利用した場合のBatch処理についてメモ書きです。というかこれは非常に簡単で、
  • batchSave ・・・ 保存
  • batchDelete ・・・ 削除
  • batchWrite ・・・ 保存と削除
というメソッドが用意されています。対象とするオブジェクトをリストで渡せばOK。
DynamoDBMapper mapper = new DynamoDBMapper(client);
List list = new ArrayList();
list.add(item);
list.add(item);
mapper.batchSave(list);
batchWriteというのがちょっと曲者?というかbatchSaveと何が違うのかというと、batchWriteは引数が2つあり、保存するオブジェクトのリストと削除するオブジェクトのリストを同時に渡せるということのようです。
Batch処理をしたほうが、データベースのパフォーマンスも最大限に挙がりますから、積極的に使いたいですね。


0 件のコメント:

コメントを投稿