2012年1月12日木曜日

JavaMailプログラム ~簡略版~

先日の記事はちょっとわかりにくかったので、もっとシンプルな記述を掲載します。なお、下記のプログラムではメール本文を由緒ただしく、7bitエンコーディングしてます。
 Properties props = new Properties();
 Session session = Session.getDefaultInstance(props, null);

 InternetAddress toAddress = new InternetAddress(message.getToAddress(), message.getToName(), "ISO-2022-JP"); // 
 InternetAddress fromAddress = new InternetAddress(message.getFromAddress(), message.getFromName(), "ISO-2022-JP"); // 

 MimeMessage mmessage = new MimeMessage(session);
 mmessage.setFrom(fromAddress); 
 mmessage.addRecipient(Message.RecipientType.TO, toAddress);  
 mmessage.setSubject(message.getMailSubject(), "ISO-2022-JP");  
 mmessage.setText(message.getMailText(), "ISO-2022-JP");  
 mmessage.setHeader("Content-Transfer-Encoding", "7bit"); //最後にエンコーディングしたほうがいいはず

 Transport.send(mmessage);  //送信
プログラム中のmessageという変数は、メールの各種情報(To,From,Subject,Body)がはいっているクラスを思ってください(getterで呼び出している部分は、実際のデータが入った文字列として読みかえてください)。

0 件のコメント:

コメントを投稿