2011年4月21日木曜日

GWTでChannelAPIクライアントを実装する

昨日に引き続いて、Channel APIの話題です。ライブラリを使って意外と簡単にGWTで実装できましたので、取り急ぎ報告します。あ、まだGAE上では試してません。

gwt-gae-channelライブラリを使う
gwt-gae-channelプロジェクトというのがありますので、これを使いました。まだバージョン0.3αですがいちおう動くようです。なお、gwt.xmlファイルへの記述は、
  • <inherits name='com.google.gwt.appengine.channel.Channel' />
となります。
Tokenの入手
これは、前回の記事を参考にして、まずはTokenを入手してください。入手方法はお好きなように、、、まあ、GWTユーザならGWT-RPCを使うのが普通でしょう。
Channelの接続
ここで、gwt-gae-channelのライブラリを使います。以下のような記述でOK。
ChannelFactory.createChannel(token, new ChannelCreatedCallback() {
            @Override
            public void onChannelCreated(Channel channel) {
                channel.open(new SocketListener() {
                    @Override
                    public void onOpen() {
                        Window.alert("Channel opened!");
                    }
                    @Override
                    public void onMessage(String message) {
                        Window.alert("Received: " + message);
                    }

                    @Override
                    public void onError(SocketError error) {
                        Window.alert("Error: " + error.getDescription());
                    }

                    @Override
                    public void onClose() {
                        Window.alert("Channel closed!");
                    }
                });
            }
        });
この記述は、Tokenを入手した直後にするのが無難でしょう。接続が確立すると、onOpenメソッドが反応します。この処理を終えることで、サーバとのcomet接続が維持されます。

Pushの呼び出し
上記の処理が終えた後、サーバー側でpushをする処理(前日の記事を参照)を実行させれば、上記のonMessageが反応します。push処理の呼び出し方は、サーブレットでもいいし、GWT-RPCでもいいです。

正直、なんでこれでpushされてくるのかイマイチがところはあります(笑)。サンプルとか殆どないのでわかりにくいですが、cometのことがわかっていれば理解可能だと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿