2011年4月19日火曜日

Androidの開発環境を構築する ~ SDK,AVD設定編 ~

Androidの開発環境に関する覚書です。とりあえず、SDKとAVDの設定について

1. Android SDKをインストールする
まず、公式サイトよりSDKをダウンロードします。
http://developer.android.com/sdk/index.html
zip形式のファイルがいいかもしれません。ファイルは展開し、適切な場所に保存してください。

2.SDKManagerの起動
SDKの中にSDK Manager.exeというファイルがあるのでそれを起動します。すると、各種SDKがダウンロードされます(この処理はかなり時間がかかりますのでそのつもりでお願いします)。

3.仮想デバイスの設定
Andoridの開発では、Androidの仮想マシンをPC上に用意することになります。AndoridはiPhoneと異なり様々な種類のハードやOSのバージョンが存在します。それを事前に構築しておく必要があります。起動したSDKManagerにはAVDManagerの機能もあり、そこで仮想デバイスを設定します。






Vistual Deviceを選択し、【New】ボタンを押すと下記のとおり設定画面が出ますので、適当に(いやほんとはターゲットマシンを明確にする必要があるかと思いますが)設定します。




以上で、SDK周りの設定が終わりました。あとは、開発環境でのプラグイン設定です。それは後日の記事で紹介します。





0 件のコメント:

コメントを投稿