2017年10月29日日曜日

Jupyter Notebookをリモートで利用する方法

Jupyternotebookはブラウザアプリなので当然、リモートからアクセスすることができます。ただし、設定が必要です。本記事は、Pythonの環境が用意されているサーバ(Linuxを前提)にリモートログインして利用することを想定しています。

0.サーバにログイン
サーバのIPアドレスを確認し、そこにsshでログインします。サーバのIPアドレスが何なのかはネットワーク(サーバー)管理者に聞いておいて下さい。

1.設定ファイルの作成
デフォルトでは設定ファイルがないので、以下のコマンドを入力して設定ファイルを作成します。
  • jupyter notebook --generate-config
2.設定ファイルの編集

ホームディレクトリ下に、.jupyter/というディレクトリができています。その中に、「jupyter_notebook_config.py」というファイルが作成されていますのでそのファイルをエディターで開きます。そして、つぎの箇所を探してコメントアウトを外しかつ修正します。
  • c.NotebookApp.ip = '*' 
  • c.NotebookApp.port = 8889
  • c.NotebookApp.notebook_dir = '/home/ochi/python'  ←ここのフォルダは自分で決めて下さい。
port番号はデフォルトでは8888ですので、複数人でアクセスすることを考えると違う番号にすることを勧めます。ディレクトリは自分のお好みで。
※もしかすると、portも’*’にしてもいいのかなと思ったり(未確認)

3.上記で設定したフォルダを作成しておく
起動する前に、フォルダを作っておかないとエラーが出ます。

4.Jupyternotebookの起動
ログインしたサーバーでコマンド入力にて起動します。
5.ブラウザからアクセスhttp://[jupyter稼働マシンのIP]:9999



2017年10月19日木曜日

Spyderをアップデートする方法(Windows環境)

うちのゼミでは、Pythonの開発に SpyderというIDEを利用する輩が多いのですが(私も含めて)、アップデートしろというメッセージがよく出るのでそのメモ書き。

Windows環境だからアプリの管理画面等を操作すると思ったらそういうわけではなく、pythonの流儀に従って、コマンドラインで行います。
  1. anacondaのコンソールを起動
  2. conda update -all
    (場合によっては、conda update conda)
  3. conda update spyder
という感じでOKのようです。いきなり、spyderだけアプデートをかけるのはダメなようです。なお、allのオプションでspyderが変わるか思いきや、最新版にはならず、1つ手前のバージョンだったので、再度 spyderを指定して updateをかけました。