2017年8月31日木曜日

TexLiveをインストールする方法(プロキシー設定編)

WindowsでTexするなら、とりあえずTexLiveをインストールしておきましょう。

1.ダウンロード
 TexWikiからダウンロードします。

2.解凍
 プロキシーを経由してネットワークインストールする場合は、まずは解凍だけします。インストールプロセスに進んではいけません。インストーラーを起動後、
  • Unpack Only
を選択して下さい。

3.Proxy設定
tlpkg\installer\wget に .wgetrc というファイルを作成します。.(ドット)で始まるファイルは標準のメモ帳だと作れない?かもしれませんので、その場合はatomエディター等、他のエディターを利用して下さい。で、そのファイルに下記のようにproxyサーバーの情報を記述します。
http_proxy=http://proxy.xxxx.xxx:8080 ftp_proxy=http://proxy.xxxx.xxxx:8080
use_proxy=on
 4.コマンドプロントから起動
インストーラのあるディレクトリに移動して、下記のコマンドを実行して下さい。
install-tl-windows.bat --no-persistent-downloads
これで正常にインストールプロセスが始まります。

5.リポジトリの変更を忘れずに
 なお、デフォルトだと国外のサーバからダウンロードを試みますから(たぶん)、国内のサーバーに変えておきましょう。インストーラーの途中で「規定リポジトリを変更」で指定できます。

0 件のコメント:

コメントを投稿