2010年9月27日月曜日

EclipseでSubversionを利用する

Netbeansだけでなく、Eclipseも併用することが増えてきそうなので、とりあえずメモ。なお、この記事を書いているのは、3.6(Heliosを想定)です。

ポイントとして、Subversionを使うには2つのプラグインをインストールする必要があります。
  • SubversiveというSVNクライアント
  • SVNコネクター
Subversiveのインストール
プラグインのインストール方法と同様に、Help -> Install new softwareからインストールします。 URLはEclipseのプラグインサイトです(バージョンに注意)。
http://download.eclipse.org/releases/helios 
です。


  • Subversive SVN Team Provider (Incubation)
  • Subversive SVN JDT Ignore Extensions (Optional)
をインストールします。後者のほうはいらないかもしれません。

SVNコネクターのインストール
SVNコネクターは同様の方法でプラグインを探し出してもいいのですが、上記URLにはありません。一番手っ取り早い方法は、SVNコネクターがない状態からSVNを起動してみます。例えば、SVNレポジトリからImportするというのも手でしょう。



そうすると、SVNコネクターを入れろという画面がでてきます。最新版を選択。



すると、プラグインのインストール画面がでてきますので、いつものようにプラグインをインストールします。JavaHLはインストールしなくてよいようです。




なお、本記事は、下記のサイトを参考にさせていただきました。



0 件のコメント:

コメントを投稿