2012年5月30日水曜日

EclipseによるGAEを利用しないGWT開発

初歩的な事だけど、ラボでよく勘違いする話なのでメモ書きです。

EclipseでGoogleのWebアプリケーションプロジェクトをつくると、GWTとGAEが有効になります。一般的にGoogleのWebアプリケーションを利用する=GAEを利用するという認識になってるようですが、GoogleのWebアプリケーションプロジェクトではGWTとGAEを利用するかどうか、それぞれ有効/無効の設定ができます。つまり、 GAEを利用しないのであればGAEだけを無効にすればOK。

GoogleのWebアプリケーションでGAEを利用しないってどういうシチュエーションなのか?疑問に思うかもしれませんが、一般的なWebサーバーで動くGWTアプリケーションを開発したい場合です。GWTというのは別にGAE限定ではありませんからね。

GAEを無効にするとどうなるのかというと、今までどおりJettyサーバーが稼働します。GAEを有効にしている時もJettyが立ち上がりますが、Jettyというのは汎用のWebアプリケーションサーバーです。別にGAE用というわけではありません。つまり無効にする事でGAEの制約を受けずにJettyを利用できるということです。

そもそもなぜこの事を記事にしたとかというと、
  • Eclipse上でTomcatを動かしてGWTアプリを作る
というのを本当はやりたかったのです。いちおうこの方法はわかっているのですが、GWTのDevModeとの連携ができずに断念しています。GWTはさすがにDevModeが使えないと使う気になれませんし。

おそらくコンパイルオプションを変えればできそうな気がしてますが、まだ未解決です。現在検討中ですので、方法がわかれば紹介します。

0 件のコメント:

コメントを投稿