2010年5月17日月曜日

GWTでSVGを利用する

HTML5の流れで、SVGが再び陽の目を見るようになってきました雰囲気になってます。で、HTML5へのGWTの対応が気になるところですが、今日は、GWTでSVGを扱うライブラリについて紹介します。

Vectormaticさんのところにあるlib-gwt-svg というライブラリーです。
http://www.vectomatic.org/lib-gwt-svg

ライブラリの使い方ですが、設定として
  • lib-gwt-svg-0.4.jar をダウンロードしてクラスパスへ
  • gwt設定ファイル(~.gwt.xml)に以下の記述を追加
以上の作業をおこなう必要があります。あとの使い方については、APIのJavaDocに書いてあるわけですが、サンプルデモが参考になります。ソースコードとあわせてみることができるので、使い方がだいたいつかめます。

このライブラリがいいのは、UIバインダーに対応しているところです。これはなかなか頑張っていると思います。興味がある人はぜひお試しください。