2010年12月10日金曜日

[GWT] Cometでプッシュプログラミング ~クライアントプログラミング編~

GWTでCometサーバーにアクセスするクライアントプログラムの実装方法についてです。

基本的には、通常のサーバアクセスと同様にRequestBuilderを利用してCometサーバに非同期にアクセスします。Cometからデータが送られてくると、onResponseReceivedメソッドが呼ばれるのでそこで内容を抽出し処理を行います。処理が終わったら、再帰的に接続処理を呼び出すことで、Cometサーバとの通信を継続して処理することができます。

private void connectComet() {
        try {
            Window.alert("CometConnect()");
            RequestBuilder requestBuilder = new RequestBuilder(RequestBuilder.GET, cometURL);
            
            requestBuilder.sendRequest(null, new RequestCallback() {
                @Override
                public void onResponseReceived(Request request, Response response) {
                  String tmp= response.getText();
                  connectComet();
                }
                @Override
                public void onError(Request request, Throwable exception) {
                                  }
            });
        } catch (RequestException ex) {
            //エラー処理をここで書く
        }
    }


0 件のコメント:

コメントを投稿